研究職の転職をスムーズに進めるには?

「研究職の求人サイトランキング」にご訪問いただきありがとうございます。このサイトでは、研究職の求人探しに役立ち転職サイトをおすすめランキング順にご紹介しています。

研究職の求人ならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
オススメポイント
  • 大手リクルートの転職エージェントなら、多数の掲載求人から研究職の求人を見つけることができます。
  • 研究職に特化した項目も検索欄に設けてありますので、簡単に理想の求人にたどり着くことが可能です。
  • 研究職の成功例などの掲載もありますので、参考にして自分の転職に活かすことができます。
公式サイトはこちら
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社インテリジェンス
オススメポイント
  • 条件の良い、大手企業の研究求人が多く取り扱われているため、より理想に近い求人を探すことができます。
  • 定着率や注目企業紹介などは、転職する際の研究職応募の参考になるため、より成功に結びつく求人が探せます。
  • 職種だけでなく、就職先の地域を絞って検索できる点は研究職求人を探すのにも役立ちます。
公式サイトはこちら
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • マイナビは研究職といった専門職に強く、医療、製薬などを絞って検索することが可能です。
  • お住いの地域に対応した研究職求人がすぐに見つかるため、理想の求人をより見つけやすいという特徴があります。
  • 研究職に活かせる、ノウハウなども紹介されていますので、転職時の参考にすることができます。
公式サイトはこちら

研究職の求人を効率よく見つけるために、
エージェントを活用しよう

研究職には、大学の助教や準教授、独立行政法人や省庁など公的機関の研究員・研究官、民間企業の研究員などがあります。いずれの場合も、求人は専門的な知識をもつ人材が対象になり、大学院修了者が採用されるケースが大部分です。競争率は総じて高く、研究職への就職は狭き門といえます。

研究職に就くためには高学歴が求められることが普通ですが、いっぽうで大学院の博士課程を修了したあとも大学に残って研究を続けている“ポストドクター”が、日本には1万人以上いるといわれています。

研究職への就職では、自身の研究分野と企業が求める分野とのマッチングが大切です。ここで注意したいのは、どの企業がどんな分野の研究を行い、どんな研究をしてきた人を求めているかです。たとえば製薬会社では新薬開発を行う研究が主要な業務になりますから、薬学部出身者が求められるのは当然のことです。しかし、それ以外にも、医学、農学、獣医学、化学、生物学など、薬学以外の分野の研究者も多く採用されています。したがって、研究職としての就職を希望する場合には、企業ごとに過去の採用実績を調べ、自分に近い研究分野の人が採用されているかどうかを個別にチェックすることが必要です。また、企業が今後どの分野に注力するかにより、採用する研究領域に変化が現れることも考えられます。

研究職の求人を企業のウェブサイト上で探しても、新卒者の定期採用以外、あまり見つけることができません。新聞の求人欄や求人誌でも研究職の求人は非常にまれです。では、研究職の求人は全くないということなのでしょうか。じつはそうではなく、一般募集されていないだけで、求人自体はないわけではないのです。研究職はつねに人気が高く、公募すると応募者が殺到します。採用担当者の負担を減らす意味で、募集者を絞り実力者だけに応募してもらうようにするため、非公開で求人を出すケースが非常に多くなっています。

このため研究職への就職では、研究職分野に強い就職・転職エージェントを利用する方法が効果的です。ウェブサイトを通じて登録しておけば、一般には公開されない非公開情報の中から貴重な求人情報を提供してもらうことができます。また、一人ひとりの研究分野やキャリア、希望する会社のタイプなどの条件に合った案件を紹介してもらえるので、内定獲得に結びつく確率が圧倒的に増します。煩わしい手続き・作業を代行してもらえる上、面接時の留意事項をアドバイスしてもらうこともできるので、初めての就職・転職の人でも安心です。